人生の転換点40代をどう生きるのか考えるブログです

40代を楽しく生きる

ローカーボ

糖質制限ダイエットとは?糖質を減らすには炭水化物に注目しよう

更新日:

ダイエットには様々な方法がありますが、最近注目されている糖質制限ダイエットとはどういったダイエット方法なのでしょうか。

あらゆる食品には糖質が含まれています。
糖質制限ダイエットとは、1日の「糖質」の摂取量に着目し、食品で糖質量をコントロールして過剰に糖質を摂取しないようにすることで、中性脂肪として蓄積される量を減らし結果としてダイエットへとつながる方法なのです。

糖質と炭水化物の関係

糖質と炭水化物の相関関係を知っていますか?
実は炭水化物とは、糖質と食物繊維の集合体なのです。

炭水化物=糖質+食物繊維

食品のパッケージには成分表示が記載されており、表示をみれば炭水化物が含まれる量がわかります。

炭水化物とは、ごはん・パン・うどんなどにたくさん含まれています。
糖質は消化されブドウ糖とはじめとした様々な糖に分解されて体のエネルギーとなります。

なんとなくダイエットのイメージで、糖質は悪、食物繊維は味方、のような感覚を持っておられる方は多いと思います。

しかし、糖質と食物繊維は同じ食品に含まれているのです。

炭水化物を体に取り込むとどうなるのか

まず炭水化物の説明の前に、勘違いされる方が非常に多いため注意したいのですが、痩せることだけを目的として炭水化物が含まれる食品をまったく食べない行為は危険です。

体に悪影響を及ぼします。特に脳への栄養補給には必ず糖質が必要です。
炭水化物の減らし過ぎは、集中力がなくなったり頭がぼーっとする原因となります。

炭水化物の摂り過ぎに気を付けて適切な量を摂ることが大切なのです。

それでは、炭水化物を含む食品を食べると体の働きがどうなるのか説明します。

  1. 炭水化物を含む食品を食べると胃腸で炭水化物が分解されブドウ糖を代表とした糖に生まれ変わります。
  2. ブドウ糖は、血液中に取り込まれ体内を循環します。その血液中からブドウ糖をエネルギーとして取り出すためには、すい臓から分泌されるインスリンが必要です。
  3. 取り出されたブドウ糖は、脳や体内で使用されますが余ったブドウ糖は脂肪として蓄えられます。

糖質制限ダイエットにはカーボカウント法

インスリンの分泌が少ない時には、蓄えられた脂肪からブドウ糖が取り出されてエネルギーとして使用されます。

糖質制限ダイエットとは、この脂肪が減少する効果に着目しています。
炭水化物が含まれる食品を食べる事を避けて体内でブドウ糖を減らすことにより、インスリンの分泌を少なくして脂肪の減少につなげようとするダイエット方法なのです。

炭水化物が多く含まれるごはんやパン、うどんですが、炭水化物以外の必要な栄養素も含まれていますので、全く食べないのではなく、1日に必要な炭水化物の量を計算してコントロールし、過剰な炭水化物を取らないようにする(カーボカウントと言います)方法をダイエットに取り入れることをおすすめします。

 関連記事 1日に必要な炭水化物・糖質の量や目安はどれくらい?

 関連記事 炭水化物や糖質に気を付けたい居酒屋メニューとは

-ローカーボ

Copyright© 40代を楽しく生きる , 2019 All Rights Reserved.